相続のことで揉めているなら弁護士に相談しよう

ウーマン

利益を引き下げる方法とは

法人税節税の方法の一つとして、生命保険の活用があります。これは支払い保険料の一部を経費として処理できる他、解約返戻金を様々な形で活用できます。税理士の中にもこのような生命保険活用を得意とする税理士もいますので、まずは同業他社からの紹介や口コミ等により探す必要があります。

遺産分割協議の負担を軽減

弁護士

頼りになる法律のプロ

身内が亡くなった後で親族間での揉め事に発展しがちなのが、故人が所有していた土地や家屋、預貯金などの相続にまつわる問題です。故人の死による悲しみや、葬儀の準備や弔問客への対応、遺品の整理などで疲弊している状態で、遺産についての話し合いを行うのは大きなストレスになります。意見が対立している場合には、話し合いがままならないほど、当事者同士の人間関係が悪化することも少なくありません。最近では、相続の問題をスムーズに解決するために、法律のプロである弁護士に相談や交渉の依頼をする人が急増しています。弁護士が代理人となって遺産分割協議に臨んでくれるため、どうしても感情的になりがちな当事者同士のやりとりを回避できることが最大のメリットです。法律や過去の事例・判例に基づいた妥当な解決策をアドバイスしてもらえますから、安心してお任せすることができます。相続する財産の有無が不明な場合や、音信不通の状態になっている相続人がいる場合にも、自分で調べるよりも弁護士に調査を依頼するほうがスムーズです。裁判が必要になるケースでも、素人には難しい書類の作成から、裁判所への出廷までを代行してくれる弁護士の存在が頼りになります。初回の法律相談を無料や低額で行っている法律事務所も多く、誰もが気軽に弁護士に相談しやすい環境が整っています。着手金などの弁護士費用を捻出することが困難な場合には、民事法律扶助の立て替え制度を利用する方法もあります。

男性

借金の違法金利の請求

払わなくても良い利息を長年支払っていつことがわかった場合は、取引履歴書を静岡のカードローン会社に取寄せましょう。取引履歴書の開示が拒否できないので、スムーズに郵送してくれます。過払い金があることがわかったら、カードローンの方と交渉して和解をするか、裁判で争うことになります。

男の人と女の人

税務調査対策

相続税申告を税理士に依頼することで、税務調査対策になります。しかし、依頼するにも高額の費用がかかるため、前もって費用について確認しておくことが重要です。また、税理士との信頼関係も大切であるため、しっかり情報収集を行なって比較検討をしながら選びましょう。