相続のことで揉めているなら弁護士に相談しよう

利益を引き下げる方法とは

ウーマン

生命保険を活用します

事業法人が営業活動の結果、利益が出ればそれに対して税金を払いますが、これを法人税といいます。近年日本は法人税率を引き下げる方向となっていますが、いまだに国際基準と比較した場合、法人税は高額です。法人、特に中小企業にとっては業績が好調の時に内部留保を厚くし、業績悪化に備えたい意向がありますが、それにこたえる手段として生命保険の活用が考えられます。生命保険は様々な商品が出ていますが、法人で加入した場合支払った保険料は全額経費として損金処理できるタイプ、半分を損金にするタイプ、そして全額資産として計上するタイプなどがあります。この損金処理できるタイプの保険に加入すれば、利益を大きく圧縮する事が出来る事になり、法人税節税には非常に効果があります。なお一定の解約返戻金もある事から内部留保を厚くするとともに、退職金の支払い等使い勝手は良いといえます。法人の節税は設備投資や退職金支払い、備品購入等で経費の額を大きくすればその効果がありましたが、恒常的な節税対策は難しい事からこのような保険活用が選択肢となってきます。税理士によってはこの保険活用の効果に期待をし積極的に取り組む場合もあり、保険代理店と提携をするケースや税理士自ら販売をする場合などがあります。保険を活用しない税理士の場合は他に節税効果が高い手段を探す必要がありますので、まずは保険を活用する税理士を同業他社からの紹介や口コミ等を参考にして探す必要があります。