相続のことで揉めているなら弁護士に相談しよう

税務調査対策

男の人と女の人

税務調査の簡略化

一般的に税務調査というのは、相続税申告の内容の不明な点や財産の申告漏れがないかなどを、確認するために行われます。税理士に依頼すると、税務調査について指摘を受けそうな点について、事前にその地域の住所を管轄する税務署に説明してもらえます。税理士がきちんと税務署に相続税申告について説明を行うことで、税務調査が簡単にすむというメリットがあります。ただし、相続税申告を税理士に依頼する費用はかなりの高額になりますから、事前にどれぐらいの費用が必要になるかの確認をしましょう。契約前に、よくわからない点について相談することができます。相談してから条件が合わなければ、断ることも可能です。通常税理士費用は、相続税申告の0.5%から1%程度と言われています。ただ、相続税申告は、税務署に申告してそれで終わりというものではなく、相続税申告後のデータや書類については、セキュリティ上管理する必要があります。さらに、税務署に提出する相続税申告書には、相続人と非相続人のマイナンバーを記載する必要があります。税理士事務所には、マイナンバーの管理をしっかり行うことも求められます。そのため、信頼できる税理士事務所に依頼することが大切です。信頼関係が大事になりますから、税理士事務所選ぶ際には慎重に選ぶようにしましょう。税理士事務所といっても沢山あります。そのため、口コミなどを参考に情報収取を行なっておくとよいです。また、詳しい情報などが知りたい場合は、専用のホームページなどを閲覧することをおすすめします。